零余子

20181226_001
20181226_002
20181226_003
20181226_004

零余子=むかごと読みます。
実はこれ、山芋や長芋の茎や葉の付け根に形成された「栄養繁殖器官」なんです。
(むかごを土に植えておくと、やがて芽が生え 山芋や長芋が育ちます。)
9月~11月頃まで収穫時期が続きます。
今回 ご紹介するむかごは、静岡県ほんやまの自然薯から収穫されたものです。
朝晩の寒暖の差がある本山地区では、味・香り・粘りの良い自然薯の種(むかご)を
選抜して自然薯を育てています。
とろろの効能には、滋養強壮・血糖値の上昇抑制・消化吸収等に優れています。
むかご自体はあまりメジャーな食材ではありませんが、自然薯の子供として栄養価が高いと
知られています。
火を通すことによって皮まで柔らかくなり、洗って調理するだけで栄養をうまく摂取できます。
今回はシンプルにむかごごはんを作ってみました。とても美味しく、旬をいただきました。
※ 収穫量が多くないので、比較的大きなスーパーや農産物直売所でご購入ください。

コメントは受け付けていません。

お問い合わせ・ご依頼・お見積もり

TEL:054-263-3135FAX:054-263-3134

対応時間 / 月~土 9:00~16:00

お問い合わせフォームへ